沖縄観光を思い残すことなく楽しむなら、それは沖縄の海でならではの美しさを味わうダイビングであると思います。1年を通して太陽が燦々と降り注ぐ沖縄の海で、熱帯ならではの魚たちと戯れるのも素敵な思い出の1つです。

沖縄の自然そのままに海を楽しめるのが、ダイビングではないでしょうか。実際に海に入ってみると、小さな生物の可愛らしい動きや、それぞれ特有の動きに驚かされること・癒されることが多々あります。

ダイビングは一度体験してしまうと、絶対にその魅力に引き込まれてしまうものですが、日常生活でなかなか体験出来ずにいらっしゃる方が多いのは確かです。ダイビングを楽しむには、本来ライセンスが必要です。商業目的以外でダイビングを楽しむ為には、技能講習を受けたことが認定された「Cカード」が必要となります。

しかし、この先もダイビングを続けるという前提でなくとも、沖縄の海をダイビングで楽しむ方法があるのです。それが「体験ダイビング」。

楽しむ相手が海となるダイビングには、まずは安全が大変重要になります。体験ダイビングといえども、「さぁどうぞ!」と海に入れる訳ではなく、色々な手順を追って進められます。

体験ダイビングを受付けているダイビングショップ若しくはダイビングスポット現地で集合した後、参加される方々の体の状態を確認する為に簡単な健康診断を行うケースもあります。全てのショップで行っている訳ではないですが、安全を確認する為にも必要なことなので、サービスとして用意されているのであれば是非利用しましょう。

次に「ブリーフィング」と呼ばれるダイビングに対しての説明が行われます。レンタル機材や安全を確保する為に必要なことなど、インストラクターが気持ちをリラックスさせてくれるような話を交えながら説明してくれます。

その後ビーチエントリーの場合などは、確りと足が付く浅瀬で呼吸の仕方などをレクチャーしてくれます。海に潜るということは誰でも不安を抱くものです。1つ1つ経験しながら、インストラクターが少しづつ解消していってくれます。

海中での呼吸にも慣れてきたなら、いよいよ体験ダイビングのスタートです。これまでのレクチャーで身に着けたことを生かして海に入っていきます。近くにはインストラクターも一緒にいるので不安はないと思います。目の前に広がる沖縄の綺麗な海や、人を怖がらない可愛い魚たちに心癒されると思ます。

基本的には現地集合となる場合が多いですが、宿泊されているホテルまで送迎してくれるサービスを含むダイビングショップもありますので、ネットや実際に問い合わせるなど確認してみると良いのではないでしょうか。